ドコモのahamoが安すぎ!デメリットは?格安スマホとの値段比較もあり

ニュース

こんにちは、shunです。

ドコモの格安プランahamo(アハモ)が話題を集めています。
1ヶ月20GBまで利用できて、お値段なんと2,970円(税抜)!20GBということを考慮すると格安スマホと比較しても安い部類に入ります。
WiFiが使えない屋外などで、ガンガン通信を利用する人にとっては嬉しいプランですね。

今回はそんな話題のahamoについて、格安スマホと比べても安いのか、デメリットは無いのかを解説していきます。

ahamoは本当に安いのか?

既存のプランなどよりも安いのは明らかでしょう。
では、格安スマホと比べるとどうでしょうか?格安スマホで有名なY!mobileやUQmobileと比較をしてみました。

「20GBを使う」「通話が5分以内」安い

結論から言うと条件が揃えば格安スマホと比べても安いです。
条件というのは下の2つです。
・20GBを使う
・通話が5分以内

YモバやUQに20GBのプランが無かったので近いプランでの比較になりますが、以下のようになります。(金額は全て税抜き表示)

ahamoと格安スマホの比較

ahamo 2,780円
20GB、通話5分かけ放題

Y!mobile
シンプルMプラン+通話かけ放題 3,680円(2,980+700)
15GB+通話10分かけ放題
※家族割だと2台目以降は2,700円(1,900+700)

UQmobile
くりこしMプラン+通話かけ放題3,250円(2,480+770)
15GB+通話10分かけ放題
※UQ学割だと 12ヶ月間限定で1,670円(900+770)

似た条件での比較ならahamoが一番安いですね。
とはいえ格安スマホ側でも、割引などの対象の場合はY!mobileやUQmobileも良い勝負が出来ます。
(後述しますがahamoは割引に関しては弱いです)

また、格安スマホにある回線混雑時の低速化などの影響が小さいのも、ahamoが格安スマホと異なるメリットですね。

「通信量をそんなに使わない」「通話が5分~10分」なら格安スマホ

上は似たような条件での比較でした。
しかしスマホの使い方は人によって異なるものです。

WiFiのある自宅でしか動画を観ないと言った人は、外でブラウザを使うとしても3GBぐらいあれば十分でしょう。そのような想定をすると以下のような比較になります。

3GBで十分な場合の比較

ahamo 2,780円
20GB、通話5分かけ放題

Y!mobile
シンプルSプラン+通話かけ放題 2,680円(1,980+700)
3GB+通話10分かけ放題
※家族割だと2台目以降は1,600円(900+700)

UQmobile
くりこしSプラン+通話かけ放題2,250円(1,480+770)
3GB+通話10分かけ放題
※UQ学割だと 9ヶ月間限定で1,670円(900+770)

このように見ると、3GBで十分なら格安スマホの方が安くなってきます
特に、家族割ありのY!mobile(1,600円)は圧倒的ですね!
(UQ学割はMプランの方が割引大なので、Sプランでの旨味はそれほど大きくない)

また、ahamoのかけ放題は5分なのでそれ以上の通話をする人も格安スマホが良いです。
ahamoの場合は20円/30秒なので2,3分オーバーするだけで100円ほどかかっていしまいます。
電話って、追加の要件を思い出したりして意外と話が延びがちなので、そのようなことを考慮すると5分って短かったりするのですよね…

ちなみに格安スマホで一切通話を使用しない場合は、10分かけ放題すら必要ないので更に安くすることも出来ます。
僕はビジネスで電話を使いますが、LINE通話などで済ませることができれば、それすら必要ないので羨ましいですね。

20GBってどのぐらい?

20GBと言うと、YouTubeやAmazon Primeなどで動画を観ると30時間ほどに相当します。(中画質を想定)
単純計算では毎日1時間、動画を観ることが出来る計算になりますが、多くの人は動画以外にもブラウザやらSNSを利用すると思うので、毎日1時間は少し厳しいです。
…とは言え、空いた時間に通信量を気にせず動画を観れるぐらいの感覚ではあるので、通信量の制限に頭を悩ませている人にとっては、ずいぶんと気が楽になるのではないでしょうか?

他にも外でアプリのダウンロードやアップデートを行なったりもできます。

ahamoのデメリット

かなり安いプランということですが、もちろんデメリットもあります。
とは言え、ahamoの利用を想定している若者にとっては気にならないと思います。

ショップのサポートを受けられない

デメリットとしてインパクトが大きいのはショップのサポートが受けられないことです。
代わりにオンラインでサポートを受けられるようになっています。

高齢の方などはスマホの使い方などでショップに足を運んだりするので、それらが受けられない影響は大きいでしょう。

とは言え、若者のようなスマホ慣れしている人、情報リテラシーが高い人は大して困らないでしょう。
スマホの使い方についてショップに出向くことはほとんど無いでしょうし、ググればいろいろな情報が出てきます。

ただ、故障時は少し困るかもしれません。
特にバッテリーの劣化、落下の衝撃や水没による故障だとかに対応してもらえないのは少し厳しいです。スマホが使えなくなったらオンラインサポート自体が受けられませんからね。
その辺りは近くの電気屋などでスマホ本体を購入するなどして対応できるので、スマホが使えなくなって困る前に、故障時の対応についてやり方を確認しておきましょう

キャリアメールが使えない

@docomo.ne.jpのメールが使えなくなります。

利便性に関して言えば、メールを使わない人は困らないでしょう。
最近はLINEなどでコミュニケーションが完結しますし、電話番号がわかればSMS(ショートメッセージサービス)で補うことも出来ます。

人によっては大手キャリア以外のメールアドレスに抵抗があるかもしれません。
メールを使わなくても、書類や登録フォームにメールアドレスを記入することはあるので「@gmail.comなんて恥ずかしい!」という人にとってはハードルが高いです。

最近は減ってきたのでよっぽど大丈夫だと思いますが、G Mailなどが使用不可のケースがあったりするので、一応の注意は必要です。
(知り合いの迷惑フィルターによってG Mailでやり取りできなかったり、契約時にフリーメールは禁じられるパターン。最近は本当に見なくなった。)

家族割引が適用されない

スマホの割引でよく用いられるのが家族割引です。

よくあるものでは、
・ファミリー割引(ドコモ同士の家族間通話が無料になる)
・みんなドコモ割(家族内のドコモスマホが増えるにつれて1台あたりの月額料金が500円~1000円割引)
などがありますが、ahamo契約者はこれら割引の恩恵が受けられません

ただし、ファミリー割引における家族からahamoへの通話は無料であったり、ahamo自身はドコモスマホの台数としてカウントされるのでahamo以外の家族は割引を受けられるなど、ahamoへのプラン変更によって家族が損することはありません。


…他にも20歳未満の申込みの際に親の同意が必要であったり、3G回線が使えない、留守番電話が使えないなどのデメリットがあるので、人によっては影響が大きいかもしれませんね。

まとめ と 個人的な感想

今回は話題の料金プラン、ahamoについて格安スマホとの比較やデメリットの確認を行いました。

総括するならば
・20GB使うならahamo
・3GBで十分だったり、色々プランをカスタムしたい場合は格安スマホ
というところでしょうか。

個人的な感想ですが、格安スマホのプランを眺めているとLCC(格安航空会社)に似ていると思いました。LCCも基本的に安くなっており、機内食や荷物の運搬がオプションになってますね。
これからの時代は、パッケージでまとめられたものを選ぶのではなく、自分にあったものにカスタマイズするというのが主流になっていきそうです。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました